合蹠(がっせき)のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)のポーズ名を画像と文章で解説していきます。
ラブ・フィットネス

合蹠(がっせき)のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)


TOP > ヨーガ・ポーズ一覧 > 合蹠(がっせき)のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)

合蹠(がっせき)のポーズ

ヨガ 合蹠(がっせき)のポーズ

股関節を強力に開放してくれる座法です。
最初から無理をすると腰や足首を痛めてしまいますから、
気長に長期計画で理想の姿勢を目指していきましょう。

座った姿勢から両足を前に投げ出し、杖(長座)のポーズをとる
両膝を曲げて足の裏同士を合わせて菱形を作る
両手で足首をつかみ、上体を後ろに倒し両足を浮かして、両足を手前に引き寄せる
上体を前に倒し両足を大地に下ろす
両腕を組み合わせ、足の裏同士を合わせた両足を抱え込む
両腕で両足をゆっくりと手前に引き寄せる
無理しない適度な位置まで引き寄せたら、
両手を両足先に添え、
両肩を完全に脱力する
隣の鏡を見て、猫背になっていないか、胸を張り過ぎていないか確認
上体が大地に対し垂直に伸びている様に姿勢補正する
視線を正面に戻し、目を閉じて深い呼吸を繰り返します

両膝が大地に付く事を目標にします。
手先を支点に、両膝の上に乗せた両肘で両膝をゆっくりと大地に押し付けていきます。

この姿勢のまま、頭部を円を描くように回転させ、
徐々にその半径を拡大させていくと、股関節も徐々に解れてきます。

このヨガポーズの効果
股関節の開放
精神の安静、

このヨガポーズのサンスクリット名
バッダコーナーサナ
バッダ・コナーサナ
バッダコーナ・アーサナ
バッダ・コーナ・アーサナ
(baddhakonasana)

このヨガポーズの英語名
Bound Angle Pose

合蹠(がっせき)前屈のポーズ

ヨガ 合蹠(がっせき)前屈のポーズ

合蹠(がっせき)のポーズをとる
両腕で両足先を抱え込み、足の位置を調整
吐く息に合わせ、上体をゆっくりと前に前屈させていく
両膝の上に乗せた両肘で、ゆっくりと両膝を大地に押し付けていく
両膝の上に乗っている両肘をゆっくりと前の大地に下ろしていく
頭部が大地に付くの目標に前屈を深める
深い呼吸を繰り返します

足先を置く位置によりが違ってきます。
色々な位置を試してみると面白いです。

最初のうちは猫背の状態になってしまう場合が多いです。
胸をできるだけ足裏に近づけるようにして、徐々に骨盤を前傾させていきます。

このポーズは、あまり無理をすると足首を痛めてしまいますから、
自分の柔軟性に合わせて気長に続けていきましょう。

ヨガマットでは痛い、という場合は、足先の下にハンドタオルやストレッチマットを下に敷くと楽に行えます。

このヨガポーズの効果
股関節や骨盤の開放
内臓を圧迫させる事により、その機能を活性化させます。

ヨガ ポーズ名一覧に戻る



コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年9月24日(月)
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ヨーガ ラブ・フィットネス