安楽座のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)のポーズ名を画像と文章で解説していきます。
ラブ・フィットネス

安楽座のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)


TOP > ヨーガ・ポーズ一覧 > 安楽座のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)

安楽座のポーズ

ヨガ 安楽座のポーズ

ヨガのクラスで最も使われる事の多い座法です。
普通に「胡座(あぐら)をかく」と、この姿勢になっています。

座った姿勢から両足を前に投げ出し、杖のポーズをとる
上体を後ろに傾け右手で右足首、左手で左足首を保持
まず右足のかかとを左ふとももの下に敷き、次に左足のかかとを右足のふとももの付け根に敷く
上体をゆっくりと前に傾けて前に重心を乗せ、骨盤を前傾させていく
両手を伸ばし、手のひらを天空に向け、おのおおの膝の上に置く
親指と人差し指を触れ合わせ円形の輪を作り、それ以外の指を伸ばす
両肩を完全に脱力する
頭頂部が天空から引っ張られるイメージで上体を引き上げる
隣の鏡を見て、上体が猫背になっていないか、胸を張り過ぎていないか確認
視線を正面に戻す
深い呼吸を繰り返します

骨盤が後傾すると、猫背になってしまいます。
いかに背筋が伸びた正しい姿勢を保ち続けるか?が、この座法のポイントです。

どちらの足を上に置くか、は特に決まりはなく、
むしろ足の上下を左右、頻繁に入れ替える事で左右のバランスを整える事ができます。
ルーシーダットン(タイ式ヨガ)においてはポーズごとに左右を組み替えます。

足首が痛い場合は、両膝を開く角度を広げて最適な位置を探します。

このヨガポーズの効果
精神の安静、下半身の柔軟性の向上、消化の促進、

このヨガポーズのサンスクリット名
スカーサナ(Sukhasana)

このヨガポーズの英語名
Easy Pose


ヨガ ポーズ名一覧に戻る



コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年9月24日(月)
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ヨーガ ラブ・フィットネス