横向きの板のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)のポーズ名を画像と文章で解説していきます。
ラブ・フィットネス

横向きの板のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)


TOP > ヨーガ・ポーズ一覧 > 横向きの板のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)

横向きの板のポーズ

ヨガ 横向きの板のポーズ
ヨガ 横向きの板のポーズ

賢者のポーズとも呼ばれるこのポーズ、板のポーズを横向きにした姿勢です。

板のポーズからのアプローチ
大地にうつ伏せで寝て、両足を肩幅に開く
両脇を引き締め、肘が後ろに来る状態で、両手のひらを両肩の真下に置く
ゆっくりと両腕を伸ばしていく
隣の鏡を見て、全身が真っ直ぐ直線のラインを描く様に足の位置や上体の姿勢を調整
ここまでが板のポーズです。
右腕を体の中心軸に置く。指は開き中指がまっすぐ視線方向を向くようにする
右足先の右側が大地に付くようにし、右足裏を体の中心軸に移動させる
右足のかかとを突き出し90度にし、右足先の右横の面で大地をしっかりと保持する
右足の上に左足を乗せ、右足同様にかかとを突き出し90度にする
右腕に重心を移動させながら全身をゆっくりと左に180度ねじる
左腕をゆっくりと天空にかざす
鏡を見ながら、左体側がまっすぐ一直線のラインを描く様、姿勢を調整する
余裕があれば視線を天空にかざした左腕に向ける
深い呼吸を繰り返します

腰が下に落ちて体側が曲がってしまっても、それはそれで体側のストレッチになり気持ちがいいですが、
このポーズの理想形は、全身が直角三角形を描くことです。
その姿勢を維持するためには、体幹部のコアの強力なインナーマッスルが要求されます。

このヨガポーズの効果
腕と腰の筋力UP
集中力の向上

このヨガポーズのサンスクリット名
ヴァシツァ・アーサナ
(Vasisthasana)

このヨガポーズの英語名
Side Plank Pose

横向きの板のポーズ ヴァリエーション

ヨガ 横向きの板のポーズ 2

上にある足を浮かして片手で保持する難解ポーズです。
あらかじめ足を保持した状態から横向きの板のポーズへと移行していきます。

あぐらの姿勢から左膝を立てる
左手の指で左足の裏を左側から保持する
重心を後ろに移動させ両足を浮かす
全身を左にひねり、右足を左横に置く
右足のかかとを突き出し90度にし、右足先の右横の面で大地をしっかりと保持する
右腕を右横の体の中心軸に置く。指は開き中指がまっすぐ右方向を向くようにする
腰だけをゆっくりと浮かしていき、右足をスライドさせ位置を調整
いったん腰を下ろす
腰をゆっくりと持ち上げながら、左足のひざをゆっくりと伸ばしていく
伸ばしきれる角度まで到達したら、そこで停止
深い呼吸を繰り返します

柔軟性だけでなく、高度なバランス感覚も要求されるこのポーズ、
最初のうちは背中を壁などで保持して行うと安全です。

ヨガ ポーズ名一覧に戻る



コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年9月24日(月)
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ヨーガ ラブ・フィットネス