座位で体側を伸ばすポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)のポーズ名を画像と文章で解説していきます。
ラブ・フィットネス

座位で体側を伸ばすポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)


TOP > ヨーガ・ポーズ一覧 > 座位で体側を伸ばすポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)

座位で体側を伸ばすポーズ

ヨガ 座位で体側を伸ばすポーズ

ストレッチでもよく登場する御馴染みの座位で体側を伸ばすポーズです。
しかしヨガの場合、ただ体側を伸ばせば良い訳ではなく、最終理想形は、かなり難解なものです。

安楽座(胡座)で座る
上体を後ろに傾け、右足を右横に置く
上体を元に戻す
右つま先が完全に右横に来る事を目標に、
両腕で腰を浮かしたり下ろしたりしながら
ゆっくりと腰の位置を前に移動させていく
右の肘をゆっくりと右膝の前の大地に降ろす
左腕を天空にかざし視線は左親指に向ける
上体が前にかぶさらない様に、ゆっくりと左側の体側を伸ばしていく
肘は天空にかざしたまま、左手の肘から先を完全脱力する
左腕と上体を上下にゆする様にして側屈を深める
それに合わせ右肘の位置を徐々に右に移動させていく
可能であれば、左手の人差し指と中指で右足の親指を保持する
上体をねじって胸を天空に向け、視線もできるだけ後方の天空に向ける
深い呼吸を繰り返す

両手でつま先を保持するヴァージョンもある様です。

いかに側屈の角度を深めるか?というよりは、いかに上体が前にかぶさらない様に体側を伸ばすか?が、このアーサナの究極の目的ですので、上体が前にかぶさりそうになったら、その角度で停止して、深い呼吸を繰り返します。気の長い話ですが、体は数時間や数日で柔らかくなるものではありませんから気長に続けていくしかないのですね。

ヨガ 座位で体側を伸ばすポーズ 上から見た図

このヨガポーズの効果
体側を伸ばす事による内臓運動、ことに肝臓疾患の予防・治癒に最適です。

このヨガポーズのサンスクリット名
パールシュヴァ・ウパヴィシュタ・コーナ・アーサナ(parsva upavistha konasana)

このヨガポーズの英語名
Side Seated Angle Pose

ヨガ ポーズ名一覧に戻る



コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年9月24日(月)
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

2018年10月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ヨーガ ラブ・フィットネス