様々なヨガの種類を知ろう!
ラブ・フィットネス

ヨガの種類


TOP > ヨガの種類

最初に

ヨガも、目的別に色々なものがあります。またヨガは歴史が長いので様々な流派のようなものも存在します。スポーツクラブにおいて行われるヨガは、主に「リラックス・ヨガ」「パワー・ヨガ」が殆どです。稀に「ルーシーダットン」が行われる事もあります。例えば同じリラックス・ヨガでも、指導する先生が所属する団体によって内容が微妙に変化する事はあります。


リラックス・ヨーガ(relax yoga)

全身をほぐした後に、ゆっくりとした呼吸法により座位中心の負荷の軽いポーズを行うことでリラックス効果が得られるヨーガ。ヨガをゼロから始めるのに最適なスタイルです。


パワー・ヨーガ(power yoga)

負荷の強弱で流れをつけた各種ポーズを繰り返して行う事により脂肪を燃焼させインナーマッスルを鍛えるヨーガ。立位が多め。アメリカで開発され、ハリウッドスター等から一大ブームに。リラックス・ヨーガも慣れてきて、少し難解なポーズにトライしたくなった段階にお勧めです。リラックスヨガとは違い、汗が出る事もありますから、動きやすい乾きやすい素材のウエア、水分補給のための水などは欠かせません。


ホット・ヨーガ(hot yoga)

室温38〜40度、湿度55〜65%程度の高温多湿の環境で行うヨーガ。体温が上がった状態なので通常よりもより柔軟なポーズが取れます。また発汗する事により新陳代謝が上がり血行も促進されます。レッスン前はもちろん、レッスン中も水分補給をこまめに取る事が大事です。


ヴィンヤサ・ヨーガ(vinyasa yoga)

Vinyasa:流れる、繋ぐ。呼吸とともに、連続したポーズの流れを行うヨーガ。色々なポーズを体で大体覚えた頃にお勧めです。動きの単位時間が長く、敏捷性や集中力が鍛えられます。


マタニティ・ヨーガ(maternity yoga)

妊娠中の女性との胎児のために開発されたヨーガ。呼吸法に合わせ、無理のないポーズをゆっくりと行う事で精神を安定させ、出産に必要な体力を養います。


ルーシーダットン(rusie dutton)

ルーシー(仙人)、ダッ(ストレッチ)、トン(自分)。タイで約2500年前から伝わる「仙人体操」と呼ばれる健康法。タイ式ヨーガ。

「伸ばす時に息をゆっくり吸い、ポーズで息を止る、戻す時にゆっくり吐く」
という呼吸法で行われます。難しいポーズは比較的少なく、精神のリラックス、全身の整体に重点が置かれます。


アクロバット・ヨーガ(acrobat yoga)(acro yoga)

アクロバチックな要素をメインにしたヨーガ。大人が子供を「高い高い」と持ち上げる、あの感じを、よりアクロバチック・複雑化したヨーガです。アクロバットヨガとは胎教準備???的な側面もあるようです。





コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年6月23日(土)
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ヨーガ ラブ・フィットネス