孔雀(クジャク)の羽のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)のポーズ名を画像と文章で解説していきます。
ラブ・フィットネス

孔雀(クジャク)の羽のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)


TOP > ヨーガ・ポーズ一覧 > 孔雀(クジャク)の羽のポーズ ポーズ名の一覧 ヨガ(ヨーガ)

孔雀(クジャク)の羽のポーズ

ヨガ 孔雀(クジャク)の羽のポーズ

「羽を広げた孔雀のポーズ」とも呼ばれるこのアーサナー、肘を付いて逆立ちするポーズです。

頭立ちのポーズは、頭の後ろで両手を組みますが、このポーズは両手のひらを大地に平行に置いて行います。

慣れるまでは壁を補助にして練習します。

壁を前にして四つん這いの姿勢をとる
両肩の真下に両手を置き指先を開いて中指を前方に向ける
膝で後ろに歩くようにして両肘を大地に下ろす
頭頂部を大地に下ろす
ゆっくりと腰を上げてていく
両膝を伸ばしてダウンドッグの様に「へ」の字を作る
両足で前に歩きながら、ゆっくりと重心を前に移動させていく
両膝と両つま先を伸ばす
徐々につま先を宙に浮かしていく
両腕と頭頂部と腰とでバランスをとりながら両足をゆっくりと持ち上げていく
全身が大地と垂直になる、ほんの少し手前で止める事を目標に、
自分がバランスを保持できる角度で停止
深い呼吸を繰り返します
ゆっくりと両足を下ろしていく

体が柔かい人の場合、片足だけをまず天空に上げ、逆足で軽く大地を蹴って開脚バランスの姿勢になり、ゆっくりと逆足も上げていく方法が取られますが、体が硬い人の場合は足が開きませんから、このように両足を一緒に上げていく方法をとるのが現実的かつ安全です。

このヨガポーズの効果
頭頂部のツボを刺激する事による思考の明確化
集中力の向上
倒立姿勢になる事により、下半身に溜まっていた毒物を全身に循環させ解毒を早める効果

このヨガポーズのサンスクリット名
ピンチャ・マユラーサナ(Pincha Mayurasana)

このヨガポーズの英語名
Feathered Peacock Pose

このヨガポーズの参考動画
片足ずつ上げていく方法
「羽を広げた孔雀のポーズ」expertvillage

ヨガ ポーズ名一覧に戻る



コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2018年5月23日(水)
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2018年6月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

ヨーガ ラブ・フィットネス